2015.03.26

アレ・レ・バンのバス停にて

リムーから、アレ・レ・バンまでのバスは、痩せてスラりとした日焼けしたおっちゃんであった。
無駄口は叩かず、淡々と仕事をするタイプの人間であるという、空気感。
まさか、もう一度、この運転手のおっちゃんと会うとは、このときは思っていなかった。
ともあれ、バスは、アレ・レ・バンのバス停に滑り込んだ。
アレ・レ・バン
ご覧の通りの山の中。
左側には、川が流れる。
オード川である。
10キロほど遡上してきたことになる。

川を渡れば、そこが、アレ・レ・バンAlet-les-Bainsの町である。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2378-bc470f00
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する