2015.03.17

ヴァンセンヌ城のドンジョンから

ドンジョン上部から、町のほうを眺める。
見えている手前は、ヴァンセンヌ市の町並みだ。
この右手の方角に、ヴァンセンヌ城駅とヴァンセンヌ駅がある。
ヴァンセンヌ城
ヴァンセンヌ城駅はすなわち、シャトー・ドゥ・ヴァンセンヌ駅で、メトロ1号線の終点。
市内で普通に買う、カルネや切符でやってこられるゾーン1対象。
ところがだ。
ヴァンセンヌ駅は、RERのA線。これはゾーン2。

そもそも、ヴァンセンヌはゾーン2であるのだが、延伸したメトロだけは、そのまま乗れることになっていると考えたほうがいい。
また、普通の切符はゾーン1対象。
モビリスなどの1日券は、最小単位がゾーン1と2のため、勘違いしやすい。

実際、ヴァンセンヌ駅で、随分と昔に駅員に捕まったことがある。
ヴァンセンヌの駅で降りようと、カルネを突っ込んだら、自動改札がビーッとなって、係員に取り囲まれたのだ。

ゾーン2であることは知っていたが、ゾーン2までいけるものと勝手に勘違い。
ラ・デファンスはゾーン3だからいけないが、ゾーン2なら大丈夫と思い込んでいたのだ。

罰金は、どこまでもいける切符を何千円かで購入することでその場支払いだった。
当時は、通貨がフランだったが、100フランだったか200フランだったか?
1フラン25円であるから、何千という罰金であるには違いない。

そんなことをつい思い出す眺めであった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2369-a2dfa224
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する