FC2ブログ
2015.02.28

コルマール ウンターリンデン美術館 中庭の主題

修道院や、教会等の付属の回廊。
道好きにとって、回廊は、わくわくする世界感にあふれている。
その場所そのものが、外の世界と隔絶されて、秘密の空間になっていることが、想像を掻き立てる。
大抵、エキゾチックな雰囲気をたたえ、回廊ろいう道も静寂に包まれる。
しかも、人工という、人社会からは完全に隔絶されていないところも、心をくすぐるのである。
コルマール ウンターリンデン美術館
そんなわけで、多くの人同様、回廊に出会えば、必ず写真を撮る。
撮るのだが、満足いくものは、全くといって良いほどない。
どう撮ったらいいのか?
どう撮っても、どう切り取っても、うまい具合にいかない。
そもそも、回廊のかっこいい写真の具体的イメージが浮かばないのだ。
コルマール ウンターリンデン美術館
どうやったら、この空気感を切り取れるのか?
それがわからないから、レンズを変え、ピントを変え、レンズの向きを変えやってみるのだが、ファインダ越しで既に気に入らない。
コルマール ウンターリンデン美術館
そうこうしているうちに、膨大な気に入らぬ写真の山の前に、撮ることをあきらめるのである。
もっと多くの、いろんな人の写真を見て、勉強しなければ、自分の脳だけでは、想像も創造もできぬに違いない。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2352-009aec46
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する