2015.02.14

コルマール Quai de la Sinn シン河岸通りから

もうちょっと調べてくるべきだったかな?
そう思わせるほどの広さに、美しい町並みが広がっている。
旧市街に入れば、どこもかしこも、美しい町並みが広がっている。
コルマール
訪れた最初から、トラブル続き。
不思議だが、トラブルの多い場所へは、再び訪れることが多い。
やり残した感がその理由かもしれない。
十分満喫した。そう思ったら、もう出会うことはない。

宿に入れず、ある意味無為に時間をすごした初日のコルマール。
無為という優雅であればいいのだが、ホテルに入れないというのは、大きな引き連れ物を転がしての移動。
重い腰にスーツケース大の鍵をつけられたようなものだ。

ウンターリンデン美術館、スーパーモノプリ等々が集まる町の中心地。
その脇を流れる運河沿いのベンチに、その他大勢の観光客と共に腰を下ろし、町を眺める。

ドミニカン教会のとんがり塔をバックに、いかにもアルザスらしい、かわいらしい町並みが、据えられたように広がっている。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2338-2af76706
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する