2015.02.03

ヴァンセンヌ城 サント・シャペルの階上へ

パリのサント・シャペル同様、ここのサントシャペルも脇の階段から階上へ上がれる。
上がると、2階部分が現れ、まばゆいステンドグラスの部屋が現れるわけではない。
バルコニーのような部分から、階下を眺められるというものだ。
ヴァンセンヌ城
正面の美しいステンドグラス以外は、いわゆる、無地の白いガラスがはまっているだけだが、それが、ここのチャペルをかわいらしい清楚な雰囲気にしているといってもいいのかもしれない。
ヴァンセンヌ城
天井には、金色の文様が描かれいている。
KとCのアルファベットにも見える。
Fはフランソワ1世でNはナポレオン。
Kに見える部分は、Kではなく漢字の”水”のようになっているのかもしれない。
梁で見えないのだ。
水の字であれば、XとIを重ねたものになる。
ヴァンセンヌ城
パリと違って、訪れる人はもちろん、登ってくる人も少ないから、あれやこれやのアングルで撮ってみるが、どれも大して変わりはない。
ヴァンセンヌ城
そろそろ、降りて、別の場所へ移動するとしますか。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2329-e6189d90
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する