2015.01.25

ノートルダムの塔へ

カルト・ミュゼ、パリミュージアムパスを買ったので、これで、あちらこちらへ訪れることになった。
このパスで言ったことのない場所を周る。

以前から、何度もチャレンジして、やめていたノートルダム寺院の塔へ登る。

列を見たら並ぶ人。
列を見たら並びたくなくなる人。

自分の場合は後者である。
”せっかく”来たのだから・・・という場合でも、なかなか並ぼうという気持ちにはならない。
セッカチでケチだからというのが、きっと真相だろう。
並んでいる時間の手持ち無沙汰感と、時間の損失が無駄に思えてしまうというのが大きい。
が、今回は違う。
ここへ訪れることを念頭にパスを買ったのだ。
ノートルダム寺院
列の並びは、教会脇を、お土産屋さんと平行して伸びている。

並んでいる人は、心なしか、カップルが多い。
何分会話しても飽きぬ”話し相手”がいれば、待つ苦痛は少ないのだろう。

手持ち無沙汰になれば、向かいの店から、パンやらお菓子やらを買ってきて食らいつつ待つ。
”場所取り”してくれる相手がいればこそ。

それでも、1時間待たぬうちに、自分の番がやってきた。
最後は、こんなにたくさんは入れるの?というぐらい進んだが、気の持ちようの所為であろう。

らせん階段を登ってゆくが、これは、どこの教会であろうが、凱旋門であろうが、50歩100歩の風景で、前後関係がはっきりしていないフォルダに入れてしまえば、どこの写真かわからなくなりそうだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2322-bad78889
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する