2015.01.20

ヴァンセンヌのアンガン公のお墓

ヴァンセンヌ城のサント・シャペルの奥に入ってゆくと、左側に小さな礼拝堂(オラトワール)がある。
王妃の礼拝堂と名づけられた場所に、アンガン公の墓がある。

革命後に、ここ、ヴァンセンヌで殺された公爵である。
壁に説明がある。
ルイ・アントワーヌ・アンリ・ドゥ・ブルボン・コンデ・ダック・ダンガン。
長い名前であるが、シャンティイ城で有名なブルボンのコンデ家の人である。
31歳7ヶ月19日の生涯。
銃殺されたようだ。
ヴァンセンヌ
シャンティイ、アンガン、ヴァンセンヌといえば、いずれも競馬場のある場所で、随分と縁のある人である。
さて、アンガン。
アンギャンと書かれていることが多いのだが、学校の先生にアンガンという発音だと随分直されたので、そう記しておく。
もっとも、日本語音的には、オンガンといったほうが良いかもしれない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2316-0d0eeea6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する