2015.02.06

ランの城壁の上から2

こちらは、ランの丘北側。
現在は、こちらが丘と町のメインゲートということになる。
ラン
フランスらしい、畑の延々広がる風景。
南は森が広がる。
フィンランドが森と湖なら、フランスは、森と畑の国である。
ラン
望遠で臨むランの国鉄駅は、まるで、Nゲージの鉄道模型の様相。
赤茶けた、延々と並ぶ、いつ動くとも知れぬ貨物列車が、うっすらと見える。
暗いのは、丘の北ゆえ、丘の影に入っているのだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2312-9ba08530
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する