2015.01.30

ランの道 Rempart Guillaume de Harcigny ギョーム・ドゥ・アルシニー城壁通り

通りの種類が、アヴニューとか、ブールヴァールとかありますが、ランパール(城壁)とそのままになっている通り名がどこかにあったかなぁ?と記憶をたどるが、思い浮かばない。

ランパールとカタカナで書くが、自分の耳には、ホンパールと聞こえる。
Rの発音しているなっ!ってな感じのする、ホンパールでなくてはならないが・・・。

フランス語以外はどうなのか?わからないが、つづりと聞こえた音で単語を覚えるほうが、カタカナとつづりで覚えるより良いような気がする。
カタカナが最初に目に入ってしまうと、似てもにつかぬ音で脳に刷り込まれてしまうからである。

授業で恥かきたくないし、予習をしていかぬと、ついていけないし・・・であるが、カタカナはどうかな?って気がするのである。

予習なら、発音をカタカナで書くよりも、日本語の意味書いちゃったほうが良いように思う。
ラン
さて、城壁の壁が片方をふさぐ、うねった通り。
街灯が、数多く並ぶが、道々を照らすというより、城壁を照らす明かりとなるのだろう。

溝の形になって、うねる通りが、子供心を揺さぶるねぇ!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2311-d9636e7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する