FC2ブログ
2008.05.13

カンヌ

カンヌ
駅を降り立って、海に向かう。

海岸線をやしの木が立つ道路が走り、まんしょんやほてるが立ち並んでいる。

まあ、貧乏人間にとって、何の縁もゆかりも興味も沸かない場所ではあるが、この町は結構大きいのでターミナルでもある。

陶器の町、ヴァロリスや、海に浮かぶ、島々への船の発着は、この町からであったりするのだ。

映画に興味のある人は、この街の雰囲気云々より、カ・ン・ヌという名前の街に自身が降り立ったことに感激する人もいるようだ。
競馬ファンがロンシャン競馬場へ行き、ベルバラファンが、ヴェルサイユ宮殿へ行くようなものだ。
そして、他人はともかく、本人は十分にその感激を満喫できる。

このカンヌという街は、確かに、そういったセレブの香りの漂う町であることは確かだ。

海岸の雰囲気も、ニースやカーニュと違う事はもちろん、モナコともまた違う。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/231-0d924c51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する