2015.01.08

カルカッソンヌ駅から

カルカッソンヌに滞在していたが、その周りをめぐることになった。
観光局で手に入れた資料などを基に、ぶらぶらと周る。
一日は鉄道で。
一日は車で。
カルカッソンヌ駅
カルカッソンヌは、地中海から、内陸の古都トゥールーズへぬける要衝である。
だから、鉄道もそこを走っているし、世界遺産のミディ運河もそうだ。
鉄道は、地中海近くのナルボンヌという古い町から、トゥールーズ方向へ伸びている。

しかし、それ以外に、Quillan(キヤン)という山奥へ抜ける路線がある。
これは、カルカッソンヌから出ているローカル線である。
これに乗って、まずは、リムーLimouxという町へ出かけてみることにした。

そのため、朝早くにカルカッソンヌ駅を出る列車で向かう。
1両編成のボンバルディアである。
ところが、あいにくの雨・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2302-b7e08b01
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する