FC2ブログ
2015.01.04

Rue Damrémont ダムレモン通りの風景

モンマルトルの丘の北西側を取り囲むように通るとおりがコーランクール通りである。
その外側を南北に通っている、18区の重要な血管の一本。
直径10キロ程度の円であるパリの中で、1キロを越える道であるから、長いことは確かだ。
ダムレモン通りの坂である。
パリの通り
大通りではないが、交通量の多い通り。
しかも、路駐だらけである。

モンマルトルの丘の周りは、のっぺりとした、新しい住宅街ではなく、古めかしい、いかつい建物がズーッとならんでいる通りが多い。
そのごつごつ感が、重厚感でもあり、パリ感でもある。
丘の南斜面も9区まで、こうした雰囲気である。

ちょうど、光の反射が、磨かれたボディにゆがんだ世界を投影していた。
そちらがわの世界へ入ると、物も人の心もゆがんでいる。
これを見て、ゆがんだ人間の絵を描けるのなら、ピカソのような巨匠になれたかも知れぬ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2299-9ba3eb88
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する