2014.12.14

Quai de la Marne マルヌ河岸通りから、クリメ通りの可動橋を

ラヴィレット方向から、マルヌ河岸通りを歩いてくる。
対岸のオワーズ河岸通りを歩くことが多かったのだが、反対側にくると、それはそれで、景色が違う。
パリの道
こちら側はユダヤの人が多かったようなので、ユダヤ人街があるのかもしれない。
そんななか、ユダヤの人だろうか?
黒い服に、ハット。
少々歴史ある橋の階段の上、向こうには、19区の近代的な画。
いろんな国の人が、いろんなシチュエーションで、パリの風景に溶け込む。
これも、また、パリの魅力かもしれない。
東京より、はるかに小さな街だが、東京より、はるかに国際的なのだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2279-a533451d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する