2014.11.23

リヴァンストーヌ通り Rue Livingstone サクレクールを探せ!

パリ18区といえば、モンマルトルである。
モンマルトルとは、モンであるから、山がある。
マルトルは殉教者のマルティール。

モンマルトルの丘が、18区の中心。
モンマルトルの丘。山という名の丘。
京都にも、船岡山があるから、そのパリ版と思えばいい。
もっとも、信長公のような人が祭られているわけではない。
パリの道
18区のモンマルトルの東南は、パリの布屋問屋街として有名な場所だ。
東京で言うところの日暮里。
その布屋の有名店、マルシェ・サン・ピエール越しのサクレクール寺院。

エッフェル塔といい、凱旋門といい、モンパルナスタワーといい、このサクレクールといい、ランドマークの多いパリだが、それを眺める場所を探すのも、発見するのも、道歩きの楽しみの一つ。

Rue Livingstone。
リヴィングストーン通りと読めますがね。実際、なんと読むのか?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2261-e80f88a0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する