2014.11.14

Rue Enguerrand Quarton ランのアンゲラン・カルトン通り

城壁内に入る。
そうすると、向こうに教会が見えていた。
ちょうど、通りの向こう側に、フタをするように、塔が立っているのが印象的だ。
ラン
城壁はあるが、城壁に丘が囲まれていない。
街は、開けていて、開放感あふれる。

城砦であれば、守らねばならぬが、ここは、現在城があるわけではなく、教会の丘として存在していたのであろう。
となると、中へ入ってこられぬように囲むのではなく、丘から、堂々と見せねばならない。
教会の雄姿を。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2253-54ec9cc4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する