2014.11.02

ベトナム航空でパリへ行く20 羽田発ハノイ経由パリ行き

さて、羽田を出た飛行機は、しばらくすると機内食が始まる。
飛行機の楽しみの一つでもある。
ベトナム航空
斜め45度から撮ったほうが、美味しそうに見えるというセオリーがあるらしい。
そうは言うものの、そうやって撮って見たら、どんなメニューかわかりづらい。
ベトナム航空
どんなメニューかの詳細など必要ないから、どんな雰囲気かわかればそれで十分かもしれぬ。
どれがいいのか、判断つかぬから、どちらも載せてしまえ!
ベトナム航空
ハノイのノイバイ空港は、味も素っ気もない雰囲気だったのだが、2階が劇的に?変化していた。
たいしたことはないのだろうけれど、以前は、メニューからして、日本の定食屋のようなお店一つってな感じだったのに、バーガーキング、フォー、カフェ他と新たに増加。
ベトナム航空
ハノイで滞在する人にとっては、ここで食べる必要もないほど高い値段だが、乗り継ぎ便の人にとっては、米ドル5ドルでフォーが食べられるのは、ベトナム経由を楽しむ上で魅力あり。
ベトナム航空
ハノイを出た飛行機は、水平飛行に入ると、夕食が出る。
ベトナム航空
ビーフンを頼み、アジアン気分満載で、パリへ向かう。
ただし、お昼過ぎの羽田から、機内食、乗り継ぎフォー、そして機内食。
腹は満たされっぱなしで、出されたから入れる感じ。
ベトナム航空
ダイエットの最大の敵、食っちゃ寝をすると、朝方、欧州上空で朝食が振舞われる。
ベトナム航空
牛にヌードル。
こってり、キッチリ。

牛がよいか、豚がよいか?
面がよいか、ご飯がよいか?
上から撮るのがよいか、斜めから撮るのがよいか?
朝なんだか、昼なんだか、夜なんだか?

時差ずれもあって、ボーっとしながら、ひたすら、食べておきます。

以前は、乗り継ぎに9時間。
ハノイ市内へ出かけるか?空港でだらだら待つか?
だから、これだけ矢継ぎ早に、おなかが満たされるわけではなかった。

現在は、2時間以内。
便利になったことで、お腹は忙しくなるのだ。

ちなみに、虫除けスプレーを機内持ち込みでもっていきましたが、日本、ベトナム、フランス共に、検査もすんなり通過。
して、空港内には蚊はおらず、骨折り損のくたびれもうけで日欧往復することに。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2234-f1be2565
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する