2014.09.25

グレーニュ競馬場にて

ノルマンディの絵葉書は、3つの要素が圧倒的に多い。
ひとつは、モン・サン・ミシェル。
次に、ノルマンディ上陸作戦。
最後が馬である。
それ以外は、その観光地地元の写真などである。
市章やその他マークも馬が多いのだ。
グレーニュ競馬場
その中、湿地帯、グレーニュという町で、少々大きめのレースが行われた。
前日、カランタンの観光局で臨時バス有無も聞いてみたが、小さい村といわれ、はかばかしい返事はいただけなかった。
とういことで、サン・ジャン・ドゥ・デイという町から、延々6キロ歩きということに相成った。
グレーニュ競馬場
競馬場といえば、馬のレースと賭け事ばかりだと思っている人も多い。
だが、もうひとつの楽しみが、このサンドイッチなのだ。
フランスの焼きたてソシソン(ソーセージ)の太いのが挟んであるバゲットのサンドイッチ。
ドイツのそれとは、全く別物だ。
これと、フリット(フレンチフライ)が定番なのだが、こればかりは、パリのパン屋でもそうそう食えぬ。

ポン!と挟まれただけ。
マスタードか、ケチャップか、マヨかを聞かれる。

イベント会場とかでは食べられるのだろうが、まあ、競馬場(田舎の)へ行った人へのご褒美グルメなのだ。
3ユーロの贅沢ランチになるのである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2199-d5420a64
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する