2014.09.26

ノルマンディのリゾン駅にて

ノルマンディは、県ごとにバスネットワークが充実している。
町から町へと、時速100キロ前後でバスがブンブン飛ばすので、鉄道とあわせれば、かなりの路線網になるのである。
しかも、安い。

ノルマンディの、モンサンミシェルがある県、マンシュ県にも、マネオManeoというバスが走っている。
これが1乗車2.3ユーロと激安。
サンローからシェルブールといううような長距離も、この値段だからずいぶんと助かるのである。
リゾン
今回は、宿泊地をサンローに固定。
ここから、このバス路線網を使って、あちらこちらへ行く作戦。
一週間券を購入すれば、もっと安上がりになると思ったのだが、そう甘くはなく、バスで運転手から購入することは叶わなかった。
12回券(10回乗車分料金)を買うことはできたのだが、そこまで頭回らず、今回は、バラ買いで。

写真は、シェルブール方面と、サンロー、クータンス方面の分岐駅リゾンLison。
バスに都合が合わぬときだけ、少々高めの国鉄を使う。
この駅は、シェルブール行き、クータンス行き、カン行き、パリ行き等々、様々な列車がやって来る、しかしながら、無名の小さな駅。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2198-7e903b87
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する