2014.09.04

Villa Emile Loubet ヴィラ・エミール・ルーベの入り口にて

モンスーリ公園の西側に広がる、19区アメリック地区、ダニューブの一戸建て住宅街。
お屋敷街ともいえる。
この瀟洒な小路が何本も通る界隈をぶらぶらあるく。
ちょうど、一本の通りの入り口に、自転車がとめてある。
パリの道
緑あふれる小路のどこかのおうちへ来たお客のものだろうか?
狭い小路にとめるのも、なんだし、ここなら、地上ロックが可能。
そんなところだろうか?

一本一本、顔の違う小路とはいえ、血のつながった兄弟程度の差しかない。
どこ歩いているんだか、わからない。
こうした、何かでストーリーを考えつつ、音楽と共に散歩してゆく。

ここはパリである。
午後の紅茶ならぬ、午後のカフェで話に花が咲く。

そう思うと、帰りがけに、カフェ一杯、どこかで寄っていこうか?
そんな気持ちになってきた。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2180-95c1eecf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する