2014.08.21

Rue Emile Desvaux エミール・デヴォー通りの坂にて

一度、紹介した通りだが、自転車シリーズ写真が撮れたので。

この国には、ママチャリがない。
ママチャリは日本製。
そう思っていたら、ヴェリブというサービスがパリでも始まった。
あれは、ママチャリに近い。
日本のママチャリは、ママチャリとして強烈な進化を遂げている。
脚が引っかかりづらくなり、電動サポートもしてくれる。
白に赤丸の、ツール・ド・フランスの山の神(山岳賞マイヨ・ポワン・ルージュ)でもびっくりするほど、急な坂道を子供を乗せて、スイスイ登ってゆく。自力とは言わぬけど。
パリの道
神社の脇、細道の木陰に置かれる自転車はママチャリのほうが良く似合う。
パリの石畳は、こうしたスポーツバイクが良く似合う。
それぞれ、発祥した国と文化であるからかも知れぬ。
ただ、この石畳。
ママチャリのほうがパンクしないはずだ。

土地が狭く、そして、便利な日本では、速い移動手段より、楽な移動手段として、自転車が存在しているのだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2178-b95ca821
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する