2014.08.16

戦禍復興の町、ヴィールへ

ボカージュ・ノルマンと呼ばれる地方の中心都市。
ここは、第二次世界大戦の激戦の地。
ほとんど町は破壊されたそうだ。
そんななか、わずかながら、町のあちらこちらに、遺構がのこっている。
この広場の前にある、時計の門も、その一つであろう。
ヴィール
ヴィールは鉄道でも、到達することができる。
グランヴィル行きのTERが、モンパルナスから出ている。
これで行けば、2時間半。

今回は、カンを基地に、バスにてヴィールへ。
1時間20分のバス旅である。
ノルマンディは、県ごとに、バス便が充実している。
バスノルマンディ地方は、マンシュ県、カルヴァドス県、オルヌ県であるが、カルヴァドス県はバス・ヴェールという緑バスが走っている。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2171-29a25833
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する