2014.07.16

ソワソンの共和国広場からl

ソワソンの駅を降りると、目の前にドゴール将軍通りがまっすぐ伸びる。
ドゴール将軍を進むと、円形の共和国広場に出る。
ストーリーが出来上がっているような順番である。
ソワソン
円形の共和国広場にでると、中央の花壇の向こうに、尖塔が2本見える。
駅舎のような、重厚なつくりの建物がレストランになっているが、その脇から、見えている。
サン・ジャン・デ・ヴィーニュ修道院跡の塔である。
真ん中の穴がぽっかり開いているので、廃墟だとわかる。
廃墟にしては、きれいに塔部分が残っているものだ。
フランスといえば、シンメトリーのイメージがあるが、塔の左右が違うものは結構多く、また、違うほうが個性があっていい。

雨、観光客どころか、人通り少ないソワソンであったが、この先を楽しめそうな、街の導入部の風景であった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2142-730a7b11
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する