2014.08.11

Rue du Faubourg Guillaume フォーブール・ギョーム通りから見たシャルトル大聖堂

通りをふさぐように建つ大聖堂。
こんな画が好きだという話を、アミアンだったか、どこかの大聖堂の記事でも書いた記憶がある。
ここも、通りの向こうに、デンと重石が佇んでいる。
シャルトル大聖堂
フォーブールという単語が通りについているのだから、ここはシャルトルの街の城壁の外のはず。
フォーブール・サントノーレ通りは、ユーミンの歌にも歌われた、パリの高級ブティック通り。
ユーミンの歌で言えば、伝説の並木通り。
この通りも、パリの城壁の外にあるというわけだ。

この曲の歌詞、東京のまちはオリンピックをひかえ・・・だった。
今もまた、東京はオリンピックを控えている。

三大聖堂という、ランス、アミアン、シャルトル。
このうち、ランスとアミアンは複数回訪れた。
また、シャルトルも訪れることもあるのだろう。
それなら、東京のオリンピック開催よりは、ずっと短い期間でやってくるだろう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2135-52ecc17d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する