2014.07.07

シャルトルの図書館のライトアップ

シャルトルの夜、ライトアップのシャルトル・オン・リュミエールの続きである。
図書館というには、あまりにお城な建物である。
もっとも、この建物、昼間訪れていないので、その時の雰囲気はわからない。
こうして、見事なまでにライトアップされると、城にしか見えない。
シャルトル
写真を撮っていると、全体の絵が一気にぼやけて、グラデーションがかかり、消えていった。
が、突然、全体の色と絵が変わり現れる。
いやいや、大聖堂正面だけの特権で、あれやこれやのデザインがあるのだと思っていたら、そういうわけではないらしい。
果たして、いくつの絵があるのやらであるが、一度設定してしまえば、絵を変えるだけなのかもしれない。
シャルトル
クリムト調のライトアップだったが、いや見事。
この先、どれだけあるのか見てみたいものだが、この時点で夜11時を回っていた。
先を急ぐ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2125-c3c214d2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する