FC2ブログ
2014.06.28

カーン女子修道院へ

男子修道院があれば、女子修道院がある。
王妃マティルダの眠る修道院。
こちらの方が、確かに女性的ともいえるデザインである。
夕暮れ時に、ひっそりとたたずむ姿は、落ち着いた感じである。
そもそも、こちらは観光客が少ない。
カン女子修道院
こちらも、きちっと調べていっていないから、この脇に、もっと大きな庭園があることに、気づいていない。
知ったのは、帰国後のことだった。
いわゆる、ここは、中庭なのだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2106-0f78176a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する