2014.06.13

ウスへ向かって歩く

バス停から見えていたウスの村は、徐々に近づいてくる。
望遠で狙っても、十分大きく写すことができるまでになってくる、
ウス
まず、間違えることなど無いが、ウスは右だと教えてくれるから、ヨシ!と確認して右へ。
左へ行けば、プラド。
今、バスを乗り換えてきたところだ。
こんなつまらない確認も、頭の地図には、十分役に立つ。
俯瞰地図が出来上がってゆくのだ。いわゆる、脳内グ-グルマップである。
ウス
この脳内グーグルマップの作成は、結構歩き旅行には、役に立つ。
事前学習も含め、地名の位置関係が頭に入っていると、迷うことは少なくなるからだ。
現在じゃ、スマホが役に立ってくれるけれど、スマホの電池切れは補ってくれる。
いや、スマホをワイファイ以外では、なかなかつなげたくないものなのだ。
貧乏旅行は、脳と体力に依存し続けるのである。

体力の電池切れを、スマホが補ってくれないのが残念なのである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2092-1a15afa8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する