2014.06.11

アミアン アンドレ通りから

真後ろに下がって撮影できないアミアン大聖堂。
このアンドレ通りを下がるのが、もっとも写真を撮りやすい。
アミアン大聖堂だけで撮りたいという人もいるだろうが、街越しに沈む日没の太陽が大きくなるように、大聖堂も、比較対象があれば、巨大さをイメージしてもらえるというものだ。
アミアン
それはそうと、手前の家々と比べると、何が違うか?って、その装飾の細かさだ。
王のギャラリーはもちろん、とにかく、下部かトップまで、なんと細かい造形だろうか?
こうやってみると、ただでかいだけじゃなく、十分貴婦人と呼ぶにふさわしい構造物なのである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2088-579d9b4c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する