FC2ブログ
2014.06.05

Rue de la Poterne des Peupliers ポテルヌ・デ・ププリエ通りの愛

13区。
トラムの走る周回大通りの下をくぐるトンネルがある。
ここは、ビエーヴル川が流れていたところなのだろう。それが、こんな道を作ることになっている。
このあたりは、ププリエという名の付く通りや地名が多い。
ポプラのことだ。
もっとも欧州っぽい木かもしれない。
パリの道
ポテルヌは小さな門。
たしかに、このトンネルが門になっている。
パリの道
この門の両サイドに、絵が描かれている。
漢字や、企業のマークだけではない。
どこかで見たような壁画の絵が、あれやこれや入り混じっている。
それでも、愛の字は目立つねぇ。
なんだろうねぇ、この漢字の存在感は。
日本人だから、そう思うのか?それとも、この存在感だから、タトゥーに漢字が好まれるのか?
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2082-c7da833a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する