2014.05.09

エヴォルの谷

個人的にもっとも好きなエヴォルの場所は、村の入り口だった。
谷あいの村というイメージにぴったりの場所で、古き石造の家々の稜線が山々の稜線のように溶け込んでいるのだ。
この村に限らぬが、雲が浮かべば、山に雲の形の影ができる。
こうしたところでは、その雲の陰絵も楽しみの一つなのだ。
エヴォル
さて、骨折してから、3ヶ月が経つ。
手術してからは、2ヶ月だ。
骨折前は、王子から北千住か、北千住から上野ウォーキングであったが、最近は、赤坂近くの溜池山王から渋谷までの道のりを歩いている。
まだ、ガッタンバッタンとしていて、普通に歩けぬが、リハビリかねて歩いている。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2055-ebbb5d19
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する