FC2ブログ
2014.05.04

サンドニ大聖堂のアンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシス

語学学校のフランス人の先生に、こんなことを言われた。
「フランスには文化がなかったが、イタリアから持ち込まれた。それは、中国と日本の関係に似ている。」と。

日本通ではないが、台湾などへ生活経験のあるフランス人の話だけに、なるほど、そういう日仏比較もありうるのだと、思わせてくれる。
サンドニ大聖堂
フランソワ1世という王が、イタリア戦争の結果、ダヴィンチらを招いて、多くの文化を吸収する結果となった。
その子、アンリ2世は、イタリア人妻である、カトリーヌ・ド・メディシスを娶った。
この人も多くの文物をフランスへもたらした人である。

アンリ2世とカトリーヌの横臥像を見ると、王の横にいるのは、この私であるという、カトリーヌの強い意思を感じるのである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2049-30b7d6c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する