2014.04.18

エヴォル 花一輪

この花がフランスではよく見かけるゼラニウムなのかどうか?
ゼラニウムだとしたら、これを花一輪というのは、ちと違うのかもしれぬ。

ゼラニウムは、欧州原産なのではないのだそうだ。
だが、不思議とこの花は欧州の窓辺に合う。
この花は、ゼラニウムではないとしても、きっと欧州のものではないのであろう。

イメージ写真を見たわれわれは、窓辺に咲く赤い花々をセットに、ヨーロッパを記憶してしまっている。
エヴォル
花だけでなく、木々も、落ち葉も、苔も、水も、道も絵にしてしまう日本庭園はともかく、欧州の花々も絵になるのだ。
日本の美とは、ある種、対局にあるが故、洋の西という、異文化を強く感じられるのかもしれない。

調和対主張であろうか?
人の心性にも関わっていそうである。

窓辺に花があるだけで、通り抜ける風も伝わってくるかのようである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2031-b7d1a9aa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
朱赤が映えますね!!
Posted by まきりん at 2014.04.19 10:25 | 編集
どうやら、赤が個人的に好きで、ついつい、赤いものに目が行ってしまいます。
Posted by 管理人 at 2014.04.23 09:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する