2014.04.17

Place des Fetes フェット広場にて

コンコルド広場、エトワール広場・・・。
パリにはさまざまな広場があるが、何々広場と、Place部分は広場という日本語に置き換えて呼ばれる。

この、19区の南端にある、大きな広場は、フェット広場と呼ばれることよりも、プラス・デ・フェットといわれることのほうが多そうだ。実際、パリに住んでいる方達をアンケート調査したわけではないので、あくまで、自分の周りだけでの話。

ガイドブックに載っていない。
広場名を、日本語に置き換えにくい。
何々広場という単語にしてしまうと、どこのことだか?わからなくなる。

そんな理由から、プラス・デ・フェットという、駅名でもあるこの呼び方がしっくり来る結果となったのだろう。
パリの道
パリにしては、ずいぶんと高い標高にある、パリ有数のコンクリートジャングル広場である。

近くをぶらぶらしていたら、乾いた、発砲音が聞こえてきた。
発砲音というか、もっと、大きい爆発音に近い。

恐る恐る、向かってみる。

何だろう?と振り向きはするものの、何事もなかったかのように、人々が行きかう。

メトロ駅乗り場前のこの広場。

爆竹にしては、大きな音だったように思ったが、何か機械が壊れたのか?
子供達のいたずらか?
そんなことも、日常茶飯事だよと、広場全体が語っているように感じられた。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2029-c3bf9ac9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する