FC2ブログ
2014.04.06

サンドニの聖エルテールと聖リュスティック

聖サンドニは、モンマルトルの丘で殉教し、首を持って歩いて来た。
この、聖サンドニには弟子が二人。
聖エルテールと聖リュスティック。
どちらも、モンマルトルの通りに、その名をとどめている。
サンドニ
その二人が、サンドニ大聖堂の正面にいると聞いて、それを探してみた。
このクサリに繋がれた二人が、そうなのであろうか?
片や、自身の首を持つ師匠、一方の弟子二人は鎖につながれて、ここまでやってきた・・・わけではあるまい。
鎖につながれて、モンマルトルに連れて行かれたのであろう。

三人は首を刎ねられ、師匠だけは、この地まで、首を持って歩いて来た。
そのストーリーは、サンドニ大聖堂のこの場所と、モンマルトルの道の名前だけに、名残をとどめている。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2021-6cd23538
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する