FC2ブログ
2014.03.31

シャルトル ウール川沿いを行く3

川沿いを散策していると、可愛らしいお店も出てくる。
これはレストランであろうか?
このときはやっていなかったけれど、ツギハギ風に、窓枠にあわせてカーテンの柄を替え、よりレトロに見せている。
古い木組みの家に合わせた、かわいらしいトータルデザインということなのだろう。
シャルトル
レースであっても、柄というより、絵を見せるといったものが多い。
窓は、単なる光採りじゃなくて、中から、外へ見せるディスプレイ意識が、この国の人にはある。
夜、見て!とばかりに、ライトをつけた自慢の部屋を見せてる人も多い。
”中は見られたくない”意識は東アジア的なのかもしれない。
たしかに、単に遮蔽してしまうだけのカーテンじゃ、面白くないもんね。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2015-eca8e618
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
初めまして。
毎日楽しみに拝見しています♪
今、再び見て気付きました。カーテンでなく窓ガラスに色が付いているのでは?
それにしてもおしゃれですね^^
Posted by きんぽうげ at 2014.04.01 01:37 | 編集
きんぽうげ様、いつも見てくださってありがとうございます。

私も、言われてみて、今、気がつきました。
ホントですね。窓ガラスに色がついているようです。
カーテンだとばかり、思い込んで見てました。

また、お暇なときに、立ち寄っていただけると、幸いです。
Posted by 管理人 at 2014.04.04 07:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する