FC2ブログ
2014.03.22

平等院鳳凰堂と肩を並べるカン城

ノルマンディは、ファレーズという町のお城が中心であった。
ここで生まれた、ウィリアム1世征服王ことギョーム2世が建てた巨城。
それ以降、今でも、ここがノルマンディの中心地。
カン
ということで、ここは約一千年のノルマンディの都なのだ。

ウィリアム征服王が生きた時代。
日本は藤原氏の全盛期。
同時代を藤原道長の子頼道が生きている。

すなわち、このギョーム2世のカンのお城と、10円玉に刻まれる、頼道の平等院鳳凰堂は、同じ歴史期間をたどって、今に至っているのである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2005-bee83b47
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する