2014.02.08

オー・ド・カーニュを下って

舗装の道だけれど、雰囲気のいい坂道だ。
カーニュの丘は、随分大変な思いをして登るため、下る頃になるとお腹が空く。

この坂を下って、街中へ出ると、まずはパン屋等々を探したくなるのである。
カーニュ・シュル・メール
パン屋を見つけては、パンを買い、スーパーを見つけては、お菓子を買う。
さらに歩いて海近くへ行けば、ソッカを買う。
折りたたんだ布団をめくるように、ソッカを歩き食いしながら、宿を目指すのである。

車やバスなどの文明の力を使わずに、鷲ノ巣村登った人にだけ与えられる、至福の食事タイムなのである。
カーニュの限ったことではない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1966-0db88a68
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ほんとに素敵な日々ですね。
私も臨場感たっぷりで拝見してます。
急な坂~両サイドの建物・・・感動!
Posted by まーりん at 2014.02.09 12:32 | 編集
決して無名な町じゃないんですけど、周りの有名観光地に押されてか、結構静かな鷲ノ巣村です。
とっても行き易い場所なんですけれど。
ルノワールの家からも、この丘が見えます。
Posted by 管理人 at 2014.02.18 22:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する