FC2ブログ
2014.02.07

エヴォルへ向かう

オレットのカフェで、まっすぐ行って右は教わった。
いい加減な説明だと思いながら、歩いてくると、まさに、まっすぐ行って右であった。
エヴォル
ここで、事実上、オレットの町は終わり。
道しるべのEVOLの字の前には、美しい村協会のマークと、歴史的建造物のマークが、鎮座している。
向かう右手の先は、山また山の風景が続く。
エヴォル川沿いにテクテク歩いてゆくのだ。
エヴォル
3キロという表示がなければ、このまま進むことを躊躇してしまう風景だ。
なにしろ、緑の山々だけが見えているだけで、他、なにもないのだから。
コンビニが現れることもないし、人の気配すらない。
”自己責任”という名の道を行く。
ま、なんとかなると思って歩き出すわけですけどね。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1965-39ef2b0e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ちょっとドキドキしました。
お天気はよさそうだし、無事目的地に着かれて、ご帰還されましたか?
でも街じゃなくてこういう自然のフランス・・・大きく息を吸ってみたいです~
Posted by まーりん at 2014.02.09 12:29 | 編集
このときは、何も無く、無事でした。
行きは長く感じたのに、帰りは下りだからか?あっという間でした。
Posted by 管理人 at 2014.02.18 22:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する