FC2ブログ
2008.03.13

マントン、丘の上の墓地、そして教会

マントン墓地から

地方都市へ行くと、日本だったら高級マンションが建ちそうなロケーションに墓地があることが多い。

昨日の教会から、ずんずんオカを上がっていくと、墓地の裏手に出る。そこから、墓地をぐるりと回るように海側へ出てくると、絶景である。
眼下に、写真のように、教会、そして、マリーナと見える。

パリでも、ペール・ラ・シェーズ墓地はちょっとした高台にあるが、地方では、こういった見晴らしの良いところにお墓があることがほんとに多い。写真左下に、お墓が写っている。
何か理由があるのだろう。

努力した分だけの風景を得られる。

街によっては、エレベーターであったり、エスカレーターであったり、または、バスでヒョイと行って風景を見ることができるが、自分で獲得した風景は、得られる風景であって、見られる風景とは、確実に違う。高さや苦労を実感すると、その意味を知ることになる。これは、車でポンでは、得られない。見られるだけである。そして、簡単に見たその風景は、残ることも少ない。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/194-ca3de3d5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する