2013.11.26

シティナイトラインで行くプラハ1

フランスの鉄道ではないが、このカテゴリーへ。
パリからベルリンへ行く、シティナイトラインもあるようだ。
今回は、アムステルダム発プラハ行きを途中のケルンから乗車する。
夜中前に乗り込んで、翌日の朝9時過ぎにプラハに到着する。

ケルン駅の行き先表示を確認し、ホームに貼ってある、自分の客車の停車位置を確認する。
7番線のアルファベットAの位置付近ということだ。
シティ・ナイト・ライン
ケルン始発じゃないから、入線してきた列車をゆっくり写真撮っている暇は無い。
どこに自分の客車がとまるのか?確認していない人がたくさんいるから、車掌さんは、質問攻めに。
チケット確認してもらうと、いよいよ、1等個室寝台の客車へ登る。
シティ・ナイト・ライン
部屋は結構狭い。スーツケースを置けば、足の踏み場は限られる。
右手奥の木の扉は、開けたら洗面所になっている。
シティ・ナイト・ライン
既に準備されているベットは2階席の方が揺れないようだった。
ドルトムントなどに停車しながら、ドイツ国内を進む。
ベルリン経由でプラハに向うようだ。
シティ・ナイト・ライン
客車の端に、トイレとシャワーが設置されている。
自身の部屋の開け閉めも、トイレ、シャワールームの開け閉めも、シャワールームの電気をつけるのも、カードキーが必要だ。
どうやって開けたらいいのか?ガチャガチャやってたら、別の乗客のお兄さんが、「おそらく、鍵が必要だと思うよ!」と教えてくれた。
悪戦苦闘も楽しみながら、夜行列車の旅は進行してゆき、そして知らぬ間に、夢の中へ誘われていた。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1908-5a6e8683
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する