FC2ブログ
2013.12.16

カンタン リネン博物館をあとにして

リネンの里が、ブルターニュの北海岸から少し入ったところにある。
コートダルモール県は、海の男の国であるから、麻は重要な製品だったに違いない。
リネン博物館
リネンといえば、最近はフランス雑貨のトーションやランチョンなどでもよく見かける。
海でなくとも、キッチンは水回り。
強度と速乾性もあるからだろう。
そんな麻が染められ、織られてゆく。
展示されている数々の手作りの見本生地も、随分と古い生地も並んでいるが、麻らしい風合が感じられる。
丈夫なのだ。
カンタン
お昼でなければ、人影まばらな町のカフェで、バスの時間まで一休み。
サンブリューまでのバスの中は、もう夢心地。
気がつくと、サンブリューの直ぐ近くまでやってきていた。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1901-3232551b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する