2013.12.20

ヴィルフランシュ・ドゥ・コンフラン脇を抜ける線路

町に沿って川が流れる。
コンフランは合流地点という話しは書いたが、川ばかりでなく、道も合流する。

テ川沿いに走るのが、果てしなく、アンドラ方面へつながってゆく鉄路である。
ヴィルフランシュ・ドゥ・コンフラン

町から出て、山上の要塞へ向うときには、川と線路を越えてゆく。
時刻を調べておけば、ここを通過する列車の写真を撮る事もできるだろう。
雨に濡れたレースはまっすぐと伸び、人物を運ぶ道たる事を意思表示しているかのようだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1895-84129a45
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する