2013.11.01

パリ13区のサン・ティポリット教会と中華聖母堂

13区の高層ビルの脇、ガッツリと壁画が描かれた教会がある。
その壁画の下に中華聖母堂とかかれている。
パリの教会
ベトナム系のお店も多いこの界隈であるから、この教会もベトナム系なのか?とおもったが、中華となっているのだから中国なのだろう。
フランス語で、ノートル・ダム・ドゥ・ラ・シーヌ。中国のノートルダムである。
そういえば、ホーチミンの教会では、天主堂と漢字で書かれていた。
聖母堂であるところが、ノートルダムの多いフランスらしいところかもしれない。
パリの教会
まるで一体に見えるその脇に立つのが、サン・ティポリット教会。
おそらく、この2つは別の教会堂なのだろう。
中は明るい感じであった。
パリの教会
匂いも雰囲気もまるで中国、アジアの13区界隈であるが、教会も東西混交で建っている。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1879-942ff278
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する