FC2ブログ
2013.10.17

サンブリューのサンテティエンヌ大聖堂

町の中心から少々西側に大聖堂が建っている。
建物自体はゴシックのようであるが、塔の先をみると、まるで、ロマネスクのようなとんがり屋根がある。
トレギエや、ほか、ノルマンディなどで見る鋭角なゴシック建築と比べると、ロマネスクの代表、パリのサンジェルマンでプレ教会を思い起こさせる。
サンブリュー
この町は、ブルターニュを作ったとされる7聖人の一人、聖ブリューの町。
聖ブリューの聖遺物が、この大聖堂に収められているそうだ。
その7聖人の町を周る、巡礼トロ・ブレイスの一か所が、この町なのだ。

ちょうど、大聖堂前で、マルシェが開かれていた。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1818-c4eb24b8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する