FC2ブログ
2013.09.03

Rue Jeanne d'Arc ジャンヌダルク通りからパンテオンを眺める

ジャンヌダルク通りは、何度か紹介してきているが、13区を伸びる長い通りである。
パンテオンを望むことができる通りもいくつか紹介してきたが、ここは、随分遠い場所からである。

この界隈が、少々高台になっていることが、パンテオンのドームが見える位置からも想像できる。
この、ジャンヌ・ダルク通りをまっすぐパンテオン方向へ向かえば、この通り自体が、下り坂となり、そして、ジャンヌダルク像へぶつかるのだ。
パリの道
ジャンヌダルクといえば、ヒロインだ。
その通りの先に、フランスの偉人たちが埋葬されているパンテオンが見えるわけだ。

ジャンヌダルク自身は、あのパンテオンのふもと、ソルボンヌから見捨てられた。
ちなみに、パンテオンは、ジャンヌダルクの生きた時代とは関係なく、300年ほど後のこと。
パリの道
通りで振り返ると、ジャンヌダルク教会が屹立している。
あの教会のてっぺんからは、パンテオンとソルボンヌを見下ろせるのかもしれない。

ジャンヌダルクの時代、あの丘には、パンテオンの替わりに、城壁が見えていたはずだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1804-5eb00f0f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する