FC2ブログ
2013.08.28

コリウールの路地を歩く

階段を下りれば、上り坂の路地にいたる。
こどものころ作った、ビー玉転がしのルートを思わせる、ワクワクさせる道だ。
途中でビー玉が止まってしまいそうな上りですけどね。
コリウール
最近はインターネットという便利な教科書があるから、子供のビー球ころがしも、レベルアップしているに違いない。
我々の子供の頃は、せいぜい、お菓子なんかが入っていた箱を開いた内側にビー玉が落ちない”道”を斜めに貼り付けるぐらいしか思いつかなかった。そのなかで、どれだけ、道を長くするか、変わった動きをするか・・。
3Dの方向への発想は無かったなぁ。

ビー玉が、その重さに耐え切れぬ道とセロハンテープと共に落下してしまう結末を迎えるのだ。
床を転がるビー球を追いかける羽目になる。

ともあれ、路地は子供心をくすぐるのだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1798-01a64253
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する