FC2ブログ
2013.08.19

Rue Saint-Andre サンタンドレ通りの坂道の向こう

この通りも、大聖堂前の広場に通じる通り。
エルネスト・ルナン通りは、古い建物が並ぶ、商店も多い通りだが、こちらは、その坂道に比べると、落ち着いた雰囲気。
写真の先に郵便局の黄色の看板が見える。

教会前広場から、マリア像が壁穴に存在する角を下ってゆく。
通りの向こうには、対岸の丘が見えるのは、エルネスト・ルナン通りと同じ。
トレギエ
あの対岸から、町を眺めたらきれいだったろうに、それは、このとき思い浮かばなかった。
それが、心残りではある。

物事も景色も、今自分がいる立ち位置は、気がつかぬものだ。

地図を上下左右に回転させながら、その場所にたって、地図を眺めてみる。

ソウルに立って日本。
北京か上海に立って日本。
台北に立って日本。
これを地図で眺めてみる。
日本を太平洋に置き換えてもいい。

ベルリンに立ってフランス。
マドリードに立ってフランス。
ロンドンに立ってフランス。

それぞれ、違った、景色が見える。

重みも違うし、邪魔加減も違う。
色も違えば、重さも大きさも違うのだ。

ああ、なるほど。
ああ、それで。

そんな何かを感じられるかもしれない。一度是非、地図を回転させてみてください。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1789-5b82b7f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する