FC2ブログ
2013.07.15

トレギエの港にて

エルネスト・ルナン通りを下って、港の観光局を目指す。
下へ降りると、港といっても殺風景な川景色が広がるだけだ。
そう思ったら、もう少し上流に係留所があるらしい。
それでも、ここに港のバス停があり、物寂しげにふねが置かれていた。
トレギエ
この街は海に近く、川の合流地点、丘という、戦略的要地に出来ている。
モンサンミシェルの近く、モンサンミシェル建設を思いついたオベール司教のいるアヴランシュも似た形。
ふと振り返ると、二つの塔が門のように立つ。
ここが、街の玄関口であったことがはっきり分かるような建物たちだ。
この右側が観光局であった。
バスを上で降りたほうが楽ではあるが、この港までバスに乗って、観光局を経て、登ってゆくのが、正道というものだおう。
今回は裏口から入ったようなものだ。
トレギエ
観光局で、地図その他をもらい、再び街歩きへ登りはじめる。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1754-95233354
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する