FC2ブログ
2013.06.28

シャルル・ド・ゴール空港ターミナル1 大クラッシュ

今月の19日である。
3時間前には、チェックインが始まるシャルル・ド・ゴール空港。
2時間前ぐらいでいいや!とゆっくり行くと、1時間近く並ぶことになるので、早めにチェックインして空港で休むのが常。

しかし、さすが、10億の民の中を生き抜く中国人。行動は早い。
今回、中国国際航空にてパリ往復したのだが、3時間前には、全ての人が並んでしまったのではないか!と思えるほどの行列になっていた。
こんなことは初めてだ。

カウンター前から折れ曲がり、カウンターの裏手まで伸びる列に並ぶ羽目になった。

この日は、夕方から雨模様。
雷が鳴り始め、音が大きくなったと思ったら、空港が停電してしまった。
シャルル・ド・ゴール空港ターミナル1
停電はすぐに復旧したのだが、しばらくすると、何かがバリバリと割れる、どんでもない凄い音がし始めた。
と、突然、5メートルはあろうかという青い壁た、行列に覆いかぶさるように倒れてきたのだ。

車が突っ込んできたのか?爆弾テロでもあったのか?
何が起きたのか?わからないが、とにかく、荷物もそっちのけで、逃げるしかない。

壁は、3時間前から長蛇の列を作る中国人の上に襲い掛かってきた。
壁が倒れると共に、爆風のようにホコリが猛烈に飛んでくる。
シャルル・ド・ゴール空港ターミナル1
どうやら、空港外の工事中の道路部分から、何かがめくれ上がって飛んできたことにより、空港のガラスが破壊され、突風が空港内に吹き込み、巨大看板が倒れてきたものらしい。
道路に穴があいているようにも見える。
横倒しになると、写真に納まりきらぬほどの大きさ。

出血で手当てを受ける人も出た。

もちろん、チェックインどころではなく、閉鎖。
その後、隣のカウンターで再開されたが、一時は騒然となった。

”想定外”かどうかは知らぬが、お粗末と言わざるを得まい。
怪我された中国の方はもちろん、ほこりかぶった我々みな災難。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1738-e675e846
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する