FC2ブログ
2013.06.03

トレギエのエルネストさん

トレギエの街に銅像がある。
誰の銅像かしらないけれど、後で調べようと一枚撮っておく。
エルネスト・ルナン。
この後、パリでロマン派博物館を訪れる事によって、この名前を記憶する事になる。
この町生まれなのだ。
トレギエ
昨今、憲法の話や国民投票の話を耳にする日本であるが、国民の定義について語った彼の存在は、そういう意味でクローズアップされるかもしれない。

それはそれとして、この街で出会い、プルマナックへ連れて行ってくれたご夫婦のだんなさんの名前が、エルネストさんであった。奇縁か?それとも、この地方ならではなのであろか?

さて、ルナン。
憲法改正の前に、我々は、デジタルデータの毒されつつあるように思う。
ネットやテレビに乗る情報に、より左右されがちになっている。
簡単に踊る。
どこどこが好き。
どこどこが嫌い。

ルナンのルの字も知らなかったが、勉強せねばなるまい。
幕末に定義が藩から日本になったように、今、何を見るべきか?

国外へでると、そんなことも、ふと、頭をよぎる。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1719-7ecce75c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する