fc2ブログ
2013.05.05

Rue Saint-Etienne du Mont 教会裏のサンテティエンヌ・デュ・モン通り

パンテオン横にある、有名な教会、サンテティエンヌ・デュ・モン教会脇を走る路地。
5区をブラブラ歩いていると、パラパラ小雨が降ってきた。
急いで宿へ戻ろうと思ったら、ちら見で雰囲気の良い通りが現れた。
普段、日の当たる時に、雰囲気がいいのかどうかはわからない。
雨が降ると、通りの雰囲気は一変するが、雨が降っている時だけ、味のある雰囲気になる場所もあるのだ。
パリの道
小学生のころ通っていた絵の塾があった。
そこの先生は画家であったが、モンマルトルの絵を描いていた。
描いた2枚の絵を見せてくれた。

一枚は晴れ、一枚は雨。

同じ場所の絵であるが、その雰囲気はまったく違う。
その先生は、雨の絵の方が好きなのだそうだ。
雨のパリ、匂いたつ降り始めの通りが好きなのかもしれない。
パリの道
写真を撮ろうと、カメラ鞄を地面に卸すと、帰宅途中の小さな子供が寄ってきた。
とはいっても、遠巻きに、カバンの中身を見ている。
何が出てくるのだろう?
おもちゃや、不思議なものは出てこないが、道端にカバンを下して取り出す様は、変わった何かが出てくることを期待させたのかもしれない。

雨は強くならない。

通りを抜けて行くことにした。
教会の向かいにも、パリの生活が存在している。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1683-32af9755
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する